港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

11月1日以降、改札内に4店舗が順次オープンする(ニュースリリースより)

新横浜駅の改札内に4つの店が新たに生まれます。JR東海傘下の新横浜ステーション開発は、来月(2017年11月)1日(水)以降に順次、コンビニエンスストアや土産物店などをオープンすると発表しました。このうち3店舗は横浜線の改札内で、初となる新横浜ラーメン博物館のギフトショップも予定されています。

来月1日にオープンするのは、JR東海系の土産物・飲料・酒・菓子などを扱う「ギフトキヨスク」(約43平方メートル)とコンビニの「ベルマートキヨスク」(40平方メートル)。ギフトキオスクは新幹線の東口(8~16号車側)の改札内。ベルマートキヨスクは、JR横浜線から北口改札口への通路上にあるるエスカレーター周辺に新たに建てられます。

横浜線の利用者が使える改札内には3店舗が設けられる(ニュースリリースより)

10日(金)にはベルマートキヨスクの隣(新幹線寄り)に、さまざまなジャンルのランキング上位商品と注目商品となった雑貨などを陳列・販売する「流行発信ショップ」(運営会社の東急レクリエーション)だという「ランキンランキン(ranKing ranQueen)」が開店。

12月中旬には、横浜線から北口改札口への通路上にあるJR東海の売店「キヨスク」付近に「新横浜ラーメン博物館ギフトショップ」のオープンが予定されています。

1日にオープンする「ベルマートキヨスク」の店舗イメージ図(東海キヨスクのニュースリリースより)

横浜線ホーム上の菊名寄りにはすでにJR東日本系のコンビニ「NEWDAYS(ニューデイズ)ミニ」が営業しており、改札口への通路上にもJR東海系のコンビニが設けられることになり、横浜線の利用者には選択肢が増えることになりそうです。

【2017年11月4日追記】

JR東海系の「ベルマートキヨスク」が11月1日にオープンし、これまでのキヨスクは閉店しています

【関連記事】

<新横浜駅>新幹線改札内で唯一のカフェ刷新、5/31(水)から新ブランド1号店に(2017年5月20日、8~16号車側の待合室には新たなカフェも)

電車を待つスキマ時間を有効活用、新横浜の改札内に生粋「立ち食いそば」店(2017年3月13日、横浜線ホームにはJR東日本系のミニコンビニだけでなく、立ち食いそば店もある)

【参考リンク】

JR新横浜駅改札内 新店舗オープン(キュービックプラザ新横浜)

JR新横浜駅改札内に「ベルマートキヨスク」「ギフトキヨスク」2店舗が11月1日(水) オープン(東海キヨスク株式会社)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)