港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

10月10日からの港北区公式Webサイト(上)とそれまでのサイト(下)※クリックで拡大

港北区は今週(2017年10月)10日(火)に公式サイトのトップページのデザインを刷新しました。これまでと比べて掲載情報が整理されて見やすくなったのが特徴ですが、スマートフォンへの対応は行われておらず、パソコン版を閲覧する形となります。

横浜市では公式サイト全体がスマートフォンに対応できておらず、現在は再構築に向けて委託事業者を募集している状況。2019年3月末には新たなデザインのサイトを公開するとしており、それを待って「18区で統一した区トップページ用のメニューに差替え予定」(横浜市ウェブサイト再構築業務委託業務説明資料)とのことです。

「本市では、45区局がそれぞれにウェブサイトでの情報公開へ取り組んできたために、ウェブサイトの見栄えや構成が区局ごとに様々」(同)であり、港北区は現時点で可能な限りの改良を行ったものとみられます。

【関連記事】

横浜市公式サイトのリニューアルは2020年3月までに、市と業者が紛争し4年遅れ(2016年12月7日)

スマホで“超”見づらい横浜市のホームページ、リニューアルできない驚きの理由(2016年9月17日、横浜市のサイト刷新までの経緯)

【参考リンク】

「横浜市ウェブサイト再構築業務委託」受託候補者特定に係るプロポーザルの実施について(2017年10月10日公開、横浜市市民局、市のサイト再構築について)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)