港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間の間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2017年9月)16日(土)から22日(金)までの7日間で計3万4742ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、9月14日に公開した「菊名神社の2017年『例大祭』は今週末、9/16(土)・17(日)に夜店や神輿も」でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 菊名神社の2017年「例大祭」は今週末、9/16(土)・17(日)に夜店や神輿も(1,242、9月14日)
    → 2週連続でランキング登場。今年は台風の接近により2日間とも雨となってしまいましたが、初日は雨の勢いも弱く、神輿のパワーで打ち消しているかのようでした
  2. 港北区内に存在、基準地価で「全国ベスト10」に入った“高価な土地”の宿命(645、9月22日)
    → 昨年(2016年7月)から全国10位に登場しているのが、今回の記事で紹介した樽町4丁目の工業地。都内と大阪の土地ばかりが目立つ“工業地ベスト10”に港北区が登場していることの意味を考えさせられました。昭和30~40年代に都心に近くて土地が安いことから、次々と工場が進出したものの、今では「高価な工業地」。地価が上がって税金の負担が増えるだけでなく、周辺に住居が増えたことで、騒音や臭いなどに対して住民から苦情が寄せられているエリアもあるようです。撤退してマンション化されてしまうのも仕方がないことかもしれません
  3. 新横浜では珍しい“焼肉店”の複数展開に挑戦、1丁目「きらきら本舗」が2丁目にも出店(598、9月16日)
    → 新横浜1丁目の新幹線側エリアでは唯一ともいえる地元の飲食店。1丁目で人気を集め、中心部の2丁目にも新たな店を出しました
  4. <基準地価>大倉山3丁目が区内2位、日吉~白楽間の東横線沿線で目立つ上昇(555、9月21日)
    → 神奈川県内で日吉は2位、大倉山は10位の価格となりました。住宅地としての「日吉」や「大倉山」ブランドの通りの結果といえそうです。このほか白楽駅近くの篠原台町も価格が上がりつつあり、区内で注目のエリアです
  5. 280円均一の居酒屋チェーン「鳥貴族」、新横浜で2店舗目を同じビル内に出店へ(465、9月19日)
    → 同じビル内の4階に2店目の鳥貴族が11月1日にオープンするとのことです。神奈川県内では京急川崎駅や本厚木でも同一ビル内に2店舗を営業しています
  6. <10周年のトレッサ>新潟ラーメンやパンケーキ、メガネ「JINS」など4店オープン(463、9月15日)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  7. <新横浜駅>新幹線改札内で唯一のカフェ刷新、5/31(水)から新ブランド1号店に(397、5月20日)
    → こちらも定期的に読まれ続け、2週連続での登場です
  8. <新横浜プリンス>長崎の味覚を存分に味わえる、11月末までディナーブッフェ(383、9月16日)
    → 昨年に続き、今年の秋もプリンスホテル2階で長崎の味覚を11月まで楽しめます
  9. 菊名→妙蓮寺間で車内の「窓ガラス」割れる、昨年は菊名→綱島間の急行でも発生(370、9月22日)
    → テレビでも多く取り上げられるほど、電車のガラスが割れることはめずらしいのですが、なぜか東横線では、港北区内で2年連続の発生とになってしまいました
  10. スケートセンター裏手の43戸マンション計画は「ファインスクェア新横浜」に(365、9月21日)
    → 「フィットケアデポ」や「日本料理きた山」に至近の駐車場に建てられるマンション。交通至便な「プレミアムコンパクトマンション」というコンセプトを打ち出し、まもなく販売が始まります
関連スポンサー広告(グーグルから配信)