港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜スケートセンター裏手の「スタジアム通り」沿いで計画されている43戸のマンション(新横浜2)は、新日本住建(東京都中央区)による「ファインスクェア新横浜」という名称になることがわかりました。来月(2017年10月)中旬のモデルルーム開設を控え、公式サイトが公開されたものです。

新日本住建によるファインスクェア新横浜の公式サイト

ファインスクェア新横浜は、コインパーキング「タイムズ新横浜第18」の跡地(329.7平方メートル)に高さ30.7メートルの10階建てで建てられるマンション来年(2018年)10月中旬に完成し、11月下旬に入居予定としています。

間取りは1LDKから3LDKで、専有面積は31.7平方メートルから72.87平方メートル。マンションの公式サイトには「“住む”のではない、ワタシは『新横浜』を“使う”」とのキャッチコピーで、新横浜駅から徒歩6~7分という利便性の高さを前面に打ち出し、「プレミアムコンパクトマンション」というコンセプトを掲げていました。

【関連記事】

新横浜スケートセンター裏手のコイン駐車場、10階建て43戸のマンション計画(2017年5月29日)

【参考リンク】

ファインスクェア新横浜の公式サイト(新日本住建)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)