港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

全国を回っている「オリンピックフラッグ」と「パラリンピックフラッグ」が港北区役所で1日だけ展示されます。昨年(2016年)10月に始まった「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」(東京都・大会組織委員会など主催)は、来月(2017年9月)3日(日)に神奈川県庁で歓迎イベントが行われた後、翌日の横浜市役所での展示を経て、5日(火)には港北区役所にやってくるとのことです。

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーの公式サイト

フラッグツアーは東京都内全62区市町村と岩手、宮城、福島、熊本の4県を巡回し、現在は全国の道府県を回っている最中で、神奈川県では歓迎イベントののち、横浜市役所や港北区役所など9カ所でフラッグの展示が行われます。

港北区役所では、2階の待合スペースで5日(火)の8時45分から17時までフラッグとパネルの展示が行われるほか、東京2020大会公式はっぴを着て記念撮影も可能とのことです。

【2017年9月5日追記】

東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー全国巡回中!港北区役所の2階の待合スペースにて本日掲示!大会公式はっぴを着て記念撮影も行われていました(17時頃撮影)

東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー全国巡回中!港北区役所の2階の待合スペースにて本日掲示!大会公式はっぴを着て記念撮影も行われていました(17時頃撮影)

【関連記事】

五輪バレー「横浜アリーナ」案、市の空地やプリンスホテルなどをフル活用構想(2016年12月1日、昨年は横浜アリーナ活用騒動も)

<2020年東京五輪>慶應日吉キャンパスが英国代表チームのキャンプ地に(日吉新聞、2016年1月20日、慶應大学日吉キャンパスは英国代表のキャンプ地に)

【参考リンク】

オリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグが横浜をめぐります!~フラッグ歓迎イベント、巡回展示のお知らせ(横浜市)

東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーの公式サイト

関連スポンサー広告(グーグルから配信)