港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜駅の横浜線ホーム

JR東日本はこのほど管内約1600駅における2016年度の1日平均乗車人員を発表し、新横浜駅は前年比1.7%増の6万2409人で前年と変わらず72位菊名駅は同0.2減の5万3228人で1つ順位を落として91位小机駅は1.1%増の1万452人で1つ順位を上げて275位でした。

新横浜駅の乗車人員は過去5年で約5000人、過去10年では約1万2500人増と25%ほど増えており、2006年の89位からじわじわと72位まで順位を上げてきました。なお、東海道新幹線を運営するJR東海によると、2015年度の新幹線乗車人数は3万2334人という数値も別に出ています。

菊名駅のバリアフリー工事自体は来年(2018年)3月末までに完了予定。なお、JR新駅舎内の商業施設などの工事を終える時期は現時点で未定(2017年7月10日撮影)

一方、菊名駅は過去5年間で約1600人増、過去10年では約6000人増と12%超増えていますが、2014年度に続き、昨年度も微減という結果。来年3月末までには駅舎のバリアフリー工事が完了する予定となっており、東急東横線との乗り換え環境も改善されることから、2018年度以降の乗車人員の変化が気になるところです。なお、東急東横線・菊名駅の2016年度乗降人員は、13万7978人で前年比0.6%増でした。

小机駅では、2014年度に減少となっているものの、過去5年間では約730人増、過去10年では950人増と10%ほど増えており、順位も過去5年で5つ上げています。

JR横浜線の区内3駅における乗車人員は、現在のところ緩やかに増加する傾向にあるようです。

【関連記事】

<JR横浜線は不便>桜木町への乗り入れ増と新横浜駅に改札新設を求める声(2016年10月13日)

<港北区民調査>区内の「通勤・通学者」はどこまで通っているのか?(2017年5月7日)

バリアフリー工事中のJR菊名駅ホーム、階段付近に柱、駅舎内の階段位置も変更(2017年4月7日)

<日産スタジアムへのルート>サッカー観戦者は新横浜、ライブ客は小机駅をなぜ使う?(2016年8月1日)

【参考リンク】

JR東日本の駅別乗車人員(ベスト100)(71位が新横浜、91位が菊名)

JR東日本の駅別乗車人員(200~300位、小机は右側中ほど25番目)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)