港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

神奈川県警はきのう(2017年6月)30日、「7月の主な取締り予定」を公開し、「環状2号線の新横浜1丁目付近」で速度違反を、北新横浜駅前の「宮内新横浜線」上にある「北新横浜駅交差点」で交差点関連違反の取り締まりを実施すると発表しました。これまでは具体的な場所が示されことはありませんでした。

新横浜1丁目の環状2号線で特に速度取り締まりを強化するという

幹線道路の速度違反については、「中型以上の貨物自動車が関係する事故の割合が高い」「車両単独死亡事故の7割以上で、速度超過が認められる」といった道路で重点的な速度取り締まりを実施するといいます。

一方、交差点関連違反では、信号無視や横断歩行者妨害、一時不停止などを取り締まっていく方針です。

港北区内の環状2号線では、今年(2017年)5月末までの数値では区内で突出して事故件数が多く、44件にのぼっています。また新横浜町内での事故件数は33件と区内トップで、2位が25件の新羽町と小机町となっています。

【関連記事】

<交通事故数>「環状2号線」で突出、港北区全体で昨年と比べ15%増加中(2017年5月8日)

事故多発の「環状2号線」、新横浜・師岡町エリアで午前中に取り締まりを強化(2016年9月21日)

【参考リンク】

交通公開取締情報(神奈川県警)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)