港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

トヨタマーケティングジャパンが日本全国で展開する環境保全活動「AQUA SOCIAL FES(アクアソーシャルフェス)」の第1回が来月(2017年6月)24日(土)に鶴見川流域である相模原市のJR淵野辺駅(横浜線、集合場所)で行われるとともに、第2回は10月に港北区綱島東で予定されています。

「アクアソーシャルフェス~みんなの鶴見川流域再生プロジェクト」のページ

アクアソーシャルフェスは、港北区などの鶴見川流域でも2012年から継続的に行われており、今回も「森から街まで。自慢できる鶴見川にしよう」という統一テーマのもと、第1回は上流である相模原市内で「ホタルとオオムラサキの舞うアクアの郷をつくりましょう」との目標を掲げ、参加者が源流自然再生作業を行うとともに、夜は水辺再生の成果としてホタル見学会も予定されています。

参加資格は小学生5年生以上で、時間は15時から21時20分まで。当日はJR淵野辺駅南口の駅前バスロータリーに15時集合となり、現地まではバスで移動となります。参加申し込みは6月12日(月)が締め切りで定員は60名。申し込みが多数の場合は抽選とのことです。

【関連記事】

トヨタが鶴見川の環境守る実践型イベント、第1回は10/8(土)に綱島の川辺で(日吉新聞、2016年10月4日)

【参考リンク】

「アクアソーシャルフェス~みんなの鶴見川流域再生プロジェクト」について

鶴見川流域ネットワーキング(TRネット、2012年から「アクアソーシャルフェス」を共催)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)