港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜ラーメン博物館に今年(2017年)3月にオープンし、高級な利尻昆布を使った「焼き醤油らーめん」が話題となっている北海道利尻島のラーメン店「味楽」では、今月(5月)10日(水)から新メニューとして「焼き塩らーめん」が発売されます。

「味楽」の店内に飾られている利尻昆布

同店では醤油の香ばしい香りが特徴的な焼き醤油味をメインメニューとしていますが、焼き塩らーめんではより昆布だしを感じられるようになっているといいます。なお、北海道利尻島の本店では塩ラーメンの提供が行われていました。

焼き塩らーめんは税込み900円、ミニ焼き塩らーめんは同570円となります。

(※)見出し左の画像は新横浜ラーメン博物館の新メニュー紹介告知ページより

【関連記事】

ラー博初の“島ラーメン”、3/1(水)に利尻昆布スープの「味楽」がオープン(2017年1月11日)

「ラー博」を象徴する新店舗、海の外から海を感じさせる2つの“郷土ラーメン”(2017年3月27日)

【参考リンク】

新メニュー「焼き塩らーめん」の紹介(新横浜ラーメン博物館)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)