港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2017年春(4月募集)の横浜市営住宅の申し込み受付が今月12日(水)から21日(金)まで行われます。今回も港北区内の物件はごくわずか。現時点で区内物件であることが明らかになっているのは借上型市営住宅も含め6戸のみです。

横浜市住宅供給公社の市営住宅の入居者募集・抽選案内ページ

横浜市住宅供給公社の市営住宅の入居者募集・抽選案内ページ

行政区単位で募集される134戸のうち港北区内は前回同様に2戸。住宅単位で募集される378戸では、日吉6丁目の「さかえ住宅」(1970=昭和45年築を改良済み)の3戸に空きがありました。一方、借上型市営住宅では、妙蓮寺駅から徒歩10分程度の篠原東1丁目にある「シャインヴィラ妙蓮寺」の1戸で募集しています。

なお、市営住宅の申し込みは、横浜市内に在住・在勤が6カ月以上であり、なおかつ世帯の月収額が15万8000円以下(世帯における1年間の総所得金額を計算し、そこからあてはまる控除額をすべて差し引いた残りの金額を12カ月で割った額)などの制限があります。

【関連記事】

「市営住宅」も超激戦の港北区、昨年より緩和も倍率124倍で市内トップ(2017年1月8日)

子育て賃貸マンション「りぶいん」に初めて大倉山の2戸、最大4万円を家賃補助(2016年10月12日)

【参考リンク】

市営住宅の入居者募集・抽選のご案内(横浜市住宅供給公社)

横浜市営住宅の入居者募集について(2017年3月24日)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)