港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は今月(2017年3月)22日ごろに公式サイトを一新しました。コンテンツはこれまでと大きく変わりませんが、特にスマートフォンで時刻表や乗り場案内などへアクセスしやすくなりました

3月22日ごろに一新された臨港バスの公式サイト

3月22日ごろに一新された臨港バスの公式サイト

これまで同社の公式サイトはパソコン向けに作られていましたが、新しいサイトでは各項目ごとにスマートフォンでもタップしやすくなっているのが特徴です。

また、運転士などの採用情報にも力を入れており、自社サイト内に加え、新卒者向けには採用サイト大手の「マイナビ」でのページも開設。京急が100%の株を所有している点をはじめ、2016年11月には創立79周年を迎えたことや従業員は902名である点などを紹介しています。

【関連記事】

新横浜発着の羽田空港行バス、4/1(土)から「きたせん」経由で時間短縮(2017年3月25日)

<臨港バス>12/5(月)は始発から通常運転、36年ぶり「スト」突入に驚きも(2016年12月5日)

【参考リンク】

臨港バスの公式サイト

臨港バスの新卒採用ページ(マイナビ2018)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)