港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

このほど菊名や大倉山などにある東急電鉄の自動券売機の機能が進化し、今月(2017年3月)25日(土)から運転を開始する全車指定席の観光列車「S-TRAIN(トレイン)」(みなとみらい線~横浜~渋谷~西武秩父)の指定券が購入できるようになりました。

券売機のタッチパネルを操作することで指定券を購入できるようになった

券売機のタッチパネルを操作することで指定券を購入できるようになった

今月18日を境に自動券売機には、「きっぷ」「ICカード」や「定期券」といった表示に加え、「Sトレイン指定席」のステッカーが追加されています。

タッチパネルの「その他」を選ぶと「列車指定券」の項目が現われ、日付や乗車人員を選んで確認ボタンをタッチするとオンライン通信が行われ、人数分の指定券を確保したり、売り切れを表示したりする流れです。

現在は土休日に運転のSトレインの指定券のみを取り扱っていますが、将来的に東急線内で指定席列車を運転した際も、すべての駅で指定券が購入できる利便性を提供できそうです。

【関連記事】

<東横線>3/25(土)から「秩父直通」の観光列車、横浜~自由が丘間は通過(2017年1月11日)

【参考リンク】

券売機のご利用方法(東急電鉄、指定券の案内はなし)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)