港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜F・マリノスの観戦者の平均年齢はJリーグでもっとも若かった(スタジアム観戦者調査2016より)

横浜F・マリノスの観戦者の平均年齢はJリーグでもっとも若かった(スタジアム観戦者調査2016より)

Jリーグで一番若いファン層に支えられていた横浜F・マリノス――。Jリーグが一昨日(2017年3月)8日に公開した「スタジアム観戦者調査2016」では、F・マリノスのファンがどのよう層なのかの一端が見えてきました。

この調査はJリーグが毎年行っているもので、今回は昨年(2016年)6月11日に日産スタジアムで行われた川崎戦に訪れた414人を対象に調査したといいます。

同調査によると、観戦者の平均年齢はF・マリノスが37.0歳でJ1・J2の全40チームでトップの若さ。2006年調査では35.3歳という結果が残っており、この10年間で平均年齢は1.7歳しか上昇していなかったことになります。

ファンの横浜市内在住率は46.2%で半数以下だった(スタジアム観戦者調査2016より)

ファンの横浜市内在住率は46.2%で半数以下だった(スタジアム観戦者調査2016より)

観戦者の居住地を見ると、ホームタウンである横浜市内の割合は46.2%で半数以下。川崎市(6.2%)や藤沢市(4.0%)など、市外のファンが多いチームという傾向が見えます。ただ、前年(2015年)調査では市内在住者は55.2%で、その前は47.3%、さらに前が51.8%と調査年によってばらつきが見られます。

一方、ホームタウン(本拠地)に対して「大きな貢献をしている」かどうかを尋ねたところ、「大いに当てはまる」(46.1%)と「あてはまる」(38.0%)を合わせ84.1%。Jリーグ平均である79.9%を上回っていましたが、前年の85.5%から若干減っていました。

(※)見出し左の写真は「スタジアム観戦者調査2016」(PDF)より

【関連記事】

<Jリーグ調査>若いファンが支えるF・マリノス、地域貢献で群を抜くフロンターレ(横浜日吉新聞、2017年3月10日)

五輪候補!日吉出身の富樫選手も後押し、港北区と更なる地域密着を目指す横浜F・マリノス(横浜日吉新聞、2016年5月1日)

【参考リンク】

観戦者調査 サマリーレポート(Jリーグ)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)