港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

JR東海は新横浜駅の東海道新幹線4番線(新大阪方面)にホームドア(可動式ホーム柵)を設置し、来月(2017年3月)10日(金)から使用を開始すると発表しました。

すでに4番線にはホームドア機器の設置は完了している

すでに4番線にはホームドア機器の設置は完了している

新横浜駅の新幹線ホームは、かつて「ひかり」や「のぞみ」などの通過列車が多かったことから、国鉄時代の1985(昭和60)年1月には2番線(東京方面)と3番線(新横浜方面)にホームドアを設置していましたが、それ以外の乗場は未設置でした。

JR東海では現在、利用客の多い「のぞみ」停車駅にホームドア設置を進めており、新横浜駅4番線でも昨年(2016年)4月から設置工事を行っていました。今後、1番線(東京方面)でも来年(2018年)3月ごろに設置する予定とのことです。

【関連記事】

<JR東日本>横浜線の菊名と新横浜にホームドア設置意向、ただし時期は未定(2017年2月8日)

【参考リンク】

東海道新幹線 新横浜駅4番線ホームへの可動柵設置完了についてPDF、2017年2月23日)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)