港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
3月にオープンするベネッセスタイルケアの「リハビリホームボンセジュール大倉山」

大倉山の鶴見川に近いエリアで住宅型有料老人ホームの建設が相次いでいます。大倉山5丁目のスーパー「ライフ大倉山店」に近い位置では、ベネッセスタイルケアが「リハビリホームボンセジュール大倉山」を来月(2017年3月)にオープンし、新羽橋に近い大倉山7丁目では、横浜の桜栄(おうえい)企画が「ライフフォレスト大倉山」を5月の完成に向けて工事を進めています。

3月にオープンするベネッセスタイルケアの「リハビリホームボンセジュール大倉山」

3月にオープンするベネッセスタイルケアの「リハビリホームボンセジュール大倉山」

5丁目のボンセジュール大倉山は、大倉山駅から徒歩約12分。地上4階建ての建物(延床面積2852平方メートル)に全64室を設け、月額利用料は18平方メートル程度の部屋で税込34万1020円(月額支払型プラン、1名)からとなっています。

一方、7丁目のライフフォレスト大倉山は、新羽駅から徒歩約12分、大倉山駅から徒歩約17分。地上3階建ての建物(延床面積998平方メートル)に全30室を設け、5月にオープンする計画としています。

新羽橋に近い大倉山7丁目で建設が進む「ライフフォレスト大倉山」

新羽橋に近い大倉山7丁目で建設が進む「ライフフォレスト大倉山」

いずれのホームも、最近まで駐車場として活用していた土地を転用しているのが特徴です。

住宅型有料老人ホームは、要介護者だけでなく、介護認定を受けておらず自立している高齢者を受け入れている施設で、食事の提供や生活支援などのサービスを受けることが可能となっています。

今年1月1日現在で港北区内には新羽町などに4つの施設があり、大倉山では4丁目に「福寿よこはま港北」(定員30名)が昨年(2016年)4月にオープンしているため、大倉山だけで3つの住宅型有料老人ホームが稼働することになります。

【参考リンク】

リハビリホームボンセジュール大倉山(ベネッセ、2017年3月1日オープン)

株式会社桜栄企画の公式サイト(下部にライフフォレスト大倉山の紹介あり)

ライフフォレスト大倉山の場所(グーグルマップ、大倉山7丁目)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)