港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

来年(2018年)3月までに日産スタジアムの照明が今より明るくなりそうです。横浜市が工事業者を対象とした調達(入札)公告で明らかにしました。

日産スタジアムではラグビーW杯の決勝戦開催に向けて照明を明るくする

日産スタジアムではラグビーW杯の決勝戦開催に向けて照明を明るくする

同公告によると、水平面の照度2500ルクスの競技用照明投光器570灯を発注。工事期限は2018年3月末までとしています。

現在、日産スタジアムの照明は824灯あり、Jリーグの試合では、1500ルクスでゴール前が2000ルクスになっているといいます。ただ、「ラグビーワールドカップ2019」の決勝戦を開催するためには、現在の照度では不足していると言われており、そのための工事とみられます。

また、同スタジアムではラグビーワールドカップだけでなく、2020年の東京五輪でも使用が予定されていることから、今後さまざまな改修が行われる予定です。

【参考記事】

横浜市報調達公告版 2017年1月31日発行PDF、2ページ目参照)

日産スタジアムの施設概要

横浜市 五輪に向け日スタ改修へ 着工時期は未定(タウンニュース、2016年10月13日号)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)