港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

最悪だった2002年と比べ港北区内の犯罪件数は3分の1に――。港北警察署はこのほど、陶山和美(すやまかずよし)署長名で2017年の新年あいさつを公式ホームページで公開し、区内の犯罪の認知件数が大幅に減っていることから、「港北区の治安は確実に向上したと言える」と述べる一方、振り込め詐欺の被害がかってないほどに急増している点に大きな懸念を示しました。

p170120y002

港北警察署のホームページで2017年のあいさつ文が掲載されている

陶山署長はあいさつ文のなかで、警察が犯罪を認知した「認知件数」について、港北区内では昨年(2016年)は一昨年(2015年)と比べて11.8%減の2237件だったことを紹介。区内の治安が最も悪化したと言われている2002(平成14)年には、年間7600件余の犯罪を認知していたといい、「この間、港北区では人口が4万人も増加する中で、犯罪の件数が大幅に減少していることを鑑(かんが)みますと、港北区の治安は確実に向上したと言えると思います」との見方を示しました。

一方、振り込め詐欺に関しては一昨年比で昨年は70%増となる67件の被害が発生し、被害総額は3億円を突破。「港北区内でこれほどの被害を出した財産犯は、かつてなかったと思われます」と述べています。昨年は7人を逮捕したものの、すべて現金を受け取りにきた「受け子」で、主犯格の検挙には至らなかったとのことです。

そのため、同署では、関係機関や団体と連携を深めながら「より安全で安心して暮らせる港北の街の実現に向けて努めて参ります」と締めくくっています。

※見出し左の写真は、港北区暴力団追放推進協議会から懸垂幕や横断幕の目録を受け取る陶山署長ら(2016年12月)

【関連記事】

「背後は暴力団」特殊詐欺への注意呼び掛け、被害額は県下ワーストの2億8千万円超(2016年12月26日)

新横浜の経営者が発起人となり「区全体へ」防犯カメラ設置の活動、県内初事例で表彰(2016年12月16日)

街での声かけで振り込め詐欺を阻止、功労者は超高齢化社会で注目の地域ケアプラザ(2016年7月30日)

【参考リンク】

港北警察署「署長室より」

関連スポンサー広告(グーグルから配信)