港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜市や神奈川県、国の三者は来月(2017年2月)9日(木)に日産スタジアムでは初めてとなるテロ攻撃を想定した国民保護共同訓練を行います。2019年のラグビーワールドカップや翌2020年の東京オリンピックの競技会場となる同スタジアムで爆破テロが行われたという想定で、多数の傷病者を大量搬送する「実動訓練」を10時から12時に実施するといいます。

2016年1月26日に相模原市で行われた実働訓練の様子(内閣官房国民保護ポータルサイトより)

2016年1月26日に相模原市で行われた実働訓練の様子(内閣官房国民保護ポータルサイトより)

このほか、「奈川県内の大規模集客施設で生物剤(炭疽=たんそ菌)の散布及び多数の死傷者を伴う爆破事案が相次いで発生」「横浜市内の商業施設において犯行グループが人質をとり立て籠もる。その後、横浜市内のみなとみらい地区マンション群において爆発物が発見される」といった想定のもと、スタジアム内の会議室に関係機関が集まって対応方法を確認する「図上訓練」も行われます。

なお、今回の訓練では、事前にテロ災害の内容を訓練参加者に明らかにしない「ブラインド訓練」で、実践的な対応が検証されるとのことです。

【2月8日訓練当日の様子】

【訓練】日産スタジアム内で大規模な爆発が起こり、白い粉がまかれるという事態が発生

【訓練】日産スタジアム内で大規模な爆発が起こり、白い粉がまかれるという事態が発生

【訓練】テロなどの災害に対応した横浜消防の特殊部隊がスタンドに出動

【訓練】テロなどの災害に対応した横浜消防の特殊部隊がスタンドに出動

【訓練】港北警察署や横浜消防が現地指揮本部を設置

【訓練】港北警察署や横浜消防が現地指揮本部を西ゲート(メインスタンド=小机側)に設置

【訓練】スタンドに倒れている負傷者を神奈川県警などが救出を開始

【訓練】スタンドに倒れている負傷者を神奈川県警などが救出を開始

【訓練】スタンドの負傷者が次々と西ゲートに運び出される

【訓練】スタンドの負傷者が次々と西ゲートに運び出される

【訓練】西ゲート前は野戦病院のような状況、ここでトリアージ(優先度選別)が行われた

【訓練】西ゲート前は野戦病院のような状況、ここでトリアージ(優先度選別)が行われた

p170209p06

【訓練】崩落した現場を想定し、川崎消防(右)と横浜消防(左)が機材を使って共同で救出を行った

【訓練】神奈川県は日産スタジアム内に危機管理対策本部を設置

【訓練】神奈川県は日産スタジアム内に危機管理対策本部を設置

横浜消防や神奈川県警のほか、川崎や相模原の各消防、地元の港北消防団や日差スタジアムの職員も訓練に参加していた

横浜消防や神奈川県警のほか、川崎や相模原の各消防、地元の港北消防団や日差スタジアムの職員も訓練に参加していた

【参考リンク】

日産スタジアムでテロ災害を想定した国民保護共同訓練を実施します(神奈川県、2017年2月9日開催)

内閣官房国民保護ポータルサイト(「武力攻撃やテロなどから身を守るために」と題したパンフレットも公開

関連スポンサー広告(グーグルから配信)