港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

東急菊名駅に爆発物とみられるバッグが発見されたという設定で、県警機動隊の爆発物処理班が対応する訓練に

東急菊名駅構内に爆発物とみられるバッグが発見されたという設定で、県警機動隊の爆発物処理班が対応(訓練)

菊名や新横浜など港北区内の駅をテロから守る――。先月(2016年11月)25日に東急東横線の菊名駅構内で、神奈川県警・港北警察署と同駅による不審物の対応訓練が初めて行われました

訓練は同日10時から乗降客がいるなかで行われ、駅構内に不審なバッグが置かれていることを駅利用者が発見。同駅の駅員を通じ、港北署の警察官がバッグ内を確認したところ、爆発物の疑いが高いため、県警機動隊の爆発物処理班に出動を要請し、安全に処理を行うという緊迫した内容となっていました。

p161201y006

爆発物処理班が安全に処理する様子(訓練)

港北区内では、2019年秋に日産スタジアムで「ラグビーワールドカップ(W杯)」の開催が控えており、翌2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催で新横浜駅や菊名駅などでは利用増が見込まれています。東急菊名駅と港北署によると、乗換駅として乗降客が多く見込まれる同駅にて訓練を行うことで、駅と警察の初動対応の連携強化を図る狙いがあるといいます。

区内には日産スタジアムや横浜アリーナ、新横浜駅など国内外から多数の一般人が集まる大規模施設が多く、大型イベントの開催時にこうした“ソフトターゲット”をテロからどう守るかが課題。ラグビーW杯や東京五輪という世界的なイベントを控えるなかで、駅と警察が連携した訓練は、これからさらに重要度が増しそうです。

【関連記事】

五輪バレー「横浜アリーナ」案、市の空地やプリンスホテルなどをフル活用で(2016年12月1日)

相鉄・東急直通線の工事規制、「ラグビーW杯」時は環状2号線での解除要請も(2016年9月10日)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)