港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

篠原小学校(篠原東3)と篠原西小学校(篠原町1241)では、「放課後キッズクラブ」の開設へ向けた整備が始まります。横浜市は、来年(2017年)9月までに同小学校内でキッズクラブの部屋を整備するための工事に関する入札を今月(2016年11月)15日に行うと発表しました。

篠原小学校の公式Webサイト

篠原小学校の公式Webサイト

横浜市の小学校内には、児童の放課後の居場所として「放課後キッズクラブ」と「はまっ子ふれあいスクール」のいずれかが必ず設けられており、学校の授業が終わった後も子どもたちが小学校内に残ることができるようになっています。

一方、はまっ子ふれあいスクールの場合は、平日18時までしか開設されておらず、働いている親からは時間延長を求める声が出ていました。そこで登場したのが放課後キッズクラブで、ここでは日曜日を除き19時まで開いているのが特徴です。

篠原西小学校の公式Webサイト

篠原西小学校の公式Webサイト

横浜市では、開設時間の短いはまっ子ふれあいスクール開設の小学校について、2020年3月(2019年度)までに放課後キッズクラブに転換することを表明しており、市によると今年(2016年)4月時点で市内46%の小学校が放課後キッズクラブに変わっているといいます。菊名小学校(菊名5)や新羽小学校(新羽町1452)ではすでに開設されており、来年4月からは小机小学校(小机町1382)でも新たに始まります。

今回の工事は、篠原小では、現在使用している「はまっ子ルーム」(約30平方メートル)と図書室(約120平方メートル)が工事対象で、篠原西小は、「はまっ子」の事務室(約20平方メートル)と2階の学習室(約55平方メートル)が対象。いずれもシステムキッチンを設置したり、内装や空調設備の改修を行う計画です。

これらの工事は来年(2017年)7月から着手し、9月に完成させる計画としています。

※見出し左の写真は放課後キッズクラブのイメージ写真(「平成28年度 横浜市放課後キッズクラブ法人募集説明会」[PDF]の資料より)

【参考リンク】

「放課後キッズクラブ」についての解説(横浜市)

港北区内における「放課後児童育成事業」の一覧PDF、港北区、「放課後キッズクラブ」と「はまっ子れあいスクール」、「放課後児童クラブ」のすべてを紹介)

篠原小学校ほか1校放課後キッズクラブ教室整備工事に伴う設計業務委託に関する詳細PDF、横浜市建築局)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)