港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2016年11月19日(土)に行われる見学会の案内(広報誌「きたせん」46号より)

2016年11月19日(土)に行われる見学会の案内(広報誌「きたせん」46号より)

首都高速道路の神奈川建設局は来月(2016年11月)19日(土)に「横浜北線」(第三京浜道路・港北インターチェンジ~新横浜出入口~横浜羽田空港線・生麦ジャンクション、約8.2km、2017年3月開通)の工事現場見学会を開くと発表しました。次回で11回目となる見学会では、新横浜大橋付近の「PRルーム」に集合後、港北ジャンクション(都筑区川向町)を中心に高架部分の鶴見川並行部などを2時間程度にわたって見てまわる予定だといいます。

参加には広報誌「きたせん」(46号)の専用ハガキが必要

参加には広報誌「きたせん」(46号)の専用ハガキが必要

参加費は無料。希望者は今月(2016年10月)に配布が行われている広報誌「きたせん」(第46号)の専用ハガキが必要で、1通につき4名まで応募が可能です。締切は11月1日(火)の当日消印有効。応募者多数の場合は抽選となります。

広報紙「きたせん」は、港北区内では区役所や新横浜行政サービスコーナー、周辺の地区センターやケアプラザといった公共施設のほか、新横浜駅や菊名駅などの周辺駅のラックでも配布しています。

【関連記事】

2017年3月の「横浜北線」開通前にトンネルウォーク、ランニング大会検討も(2016年10月14日)

来年3月の開業へ向け「横浜北線」のWebサイト一新、工事説明から開業PRの段階に(2016年09月16日)

【参考リンク】

広報誌「きたせん」バックナンバー(最新号も公開)

広報誌「きたせん」の配布場所一覧

関連スポンサー広告(グーグルから配信)