港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

禁止条例がない横浜市なら、客引きが可能?――新横浜では、ここ最近、歓楽街の飲食店の客引きが増加し、苦情や通報が増えていることが街の問題となっていることを受け、先週末2016年9月23日の夕方18時から19時頃まで、大規模な「歓楽街環境浄化キャンペーン」が実施されました。

新横浜2丁目の歓楽街では、飲食店関係者の通行人に対する執ような声掛け等の迷惑行為が後を絶たないという

新横浜2丁目の歓楽街では、飲食店関係者の通行人に対する執ような声掛け等の迷惑行為が後を絶たないという

これは、新横浜の繁華街のまさに中心部、JR・地下鉄グリーンライン新横浜駅から徒歩5分圏内の新横浜2丁目周辺の歓楽街に所在する飲食店関係者が対象。通行人に対する「執ような声掛け等の迷惑行為が後を絶たない」(同署)ことから、新横浜町内会や、港北防犯指導員ら約40人が該当店舗を巡回、チラシを配布するなどして客引き行為の禁止を呼び掛けました。

横浜市では、「悪質な客引きを禁止する条例については、現時点では条例化の予定はない」(「市民からの提案」に対する横浜市の回答要旨)と、いわゆる「客引き防止(禁止)条例」を定めていないことから、現在は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」もしくは「神奈川県迷惑行為防止条例」の適用でのみの取り締まりとなっています。

定期的に港北警察署や周辺住民がこの迷惑防止条例などに基づきパトロールも実施しているものの、今回は悪質な客引きに対する苦情も「ここ数ヶ月で激増している」(町内会関係者)ということから、初めての大規模キャンペーンを行うことになったといいます。

港北警察署員から飲食店関係者に当日手渡されたチラシ

港北警察署員から飲食店関係者に当日手渡されたチラシ

この日は、「客引き行為」「客引きをさせる行為」を、“法令で禁止される行為”として、客引き行為のない街づくりに協力をと、周辺店舗関係者への指導を実施しましたが、「また、パトロールや巡回をしない時には客引きが復活してしまう」との嘆きの声も聞かれました。

横浜市の「市民からの提案」にも、特に横浜駅西口付近での悪質な客引きに対しての苦情も複数寄せられるなど、「客引き」そのものを禁止するいわゆる「客引き防止(禁止)条例」は、他の都道府県では2013年に日本一の歓楽街・歌舞伎町を抱える東京都新宿区で初めて施行、今年(2016年)6月からは罰則規定も強化されています。

また、全国的には同じく大都市である大阪市京都市でも既に施行されており、京都市では今月9月に初めて違反者の氏名等の公表にも踏み切っています。

横浜市に隣接する川崎市でも、今年4月に既に「客引き行為等の防止に関する条例」が施行されており、立ち塞(ふさ)がりや、客引き行為をする目的で相手方となるべき者を「待つ行為」をも既に禁止しています。

新横浜駅から新横浜2丁目、横浜労災病院や日産スタジアム方面に伸びるこの歩行者デッキ(歩道橋)の上にまで飲食店の違法な看板があったという

新横浜駅から新横浜2丁目、横浜労災病院や日産スタジアム方面に伸びるこの歩行者デッキ(歩道橋)の上にまで飲食店の違法な看板があったという

キャンペーンに参加した町内会関係者は、「以前は、歩道にせり出す違法看板もいまよりずっと多かった。こうやって巡回し、注意喚起していくことで、この新横浜の街をもっとよくしていくことができたら」と、客引き行為についての自粛を訴えます。

港北警察署の担当者は、「客引き禁止条例を導入するのは横浜市では現状では難しいようだが、だからといって客引きをしても良いのか多く寄せられる苦情で、逆にお客様が減ってしまうことも懸念されている。この街を“怖い”と感じる声も多数寄せられている。店舗関係者には、ぜひそのことを肝に銘じ、本来来るべき観光客をはじめとしたこの街を訪れる人々が“安心して”歩けるよう、協力してもらいたい」と、警鐘を鳴らします。

この日のキャンペーンは、港北警察や町内会、港北防犯指導員や近隣企業で働く人まで約40人が集結し歓楽街を巡回するという大規模なものとなった

この日のキャンペーンは、港北警察や町内会、港北防犯指導員や近隣企業で働く人まで約40人が集結し歓楽街を巡回するという大規模なものとなった

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)開催も待ち受ける新横浜。観光都市・横浜の新幹線での玄関口として、現在、乗り入れする3つの鉄道の1日平均の乗降客は20万人を超える横浜市交通局資料[PDF]より)までに“都市化”し、まさに“横浜の顔”といえるこの新横浜駅周辺で、「客引き禁止条例」がなければ客引きをしてよいのか。客引きがあるのに「客引き禁止条例」を制定しなくてよいのか――。

安心・安全に暮らせる街・新横浜を目指す周辺住民、警察の活動が、どこまで現場の飲食店関係者に届くのか。そして横浜市での新たな条例制定は?

現場で「迷惑」を被る観光客ばかりでなく、多くこの街を訪れるビジネスマンや街周辺で暮らす人々にとっても、しばらくは心配事が続く日々となりそうです。

【参考リンク】

しつこい客引き…新横浜で合同パトロール(日テレニュース24:2016年7月1日)[動画あり]

新横浜駅周辺客引き禁止を条例化してください(横浜市「市民の声」の公表:2016年4月18日)

横浜駅西口周辺の客引き行為がひどいので、条例をつくって対策をしてください(同:2016年7月29日)

客引き自体を規制する条例に改正してください(同:2016年1月29日)

公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例改正について(新宿区Webサイト:2016年5月19日)

川崎市客引き行為等の防止に関する条例を施行しました(川崎市Webサイト:2016年4月15日)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)