港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「グレーシアタワー二俣川」のホームページより

「グレーシアタワー二俣川」のホームページより

2019年4月に開業を控えた「相鉄・東急直通線」の沿線では、マンション開発が熱を帯びています。相鉄線・二俣川駅に建設が進むタワーマンション「グレーシアタワー二俣川」で、380戸もの売り出しが始まります。

このタワーマンションは2018年6月に入居開始予定となっており、二俣川の駅前南口再開発に合わせて駅から徒歩2分の場所に建てられるもので、地上29階建て421戸の大型物件となっています。売主には相鉄不動産と三井不動産レジデンシャル、野村不動産の3社が名を連ねています。

今月(2016年8月)27日(土)から売り出すとのことで、3LDKの「70平方メートル超」が5258万円(7階)から5698万(29階)円、3LDKの「80平方メートル超」が6628万円(4階)から7598万円(18階)などが予定されています。

二俣川といえば、神奈川県の「運転免許試験場」があるため、一度は訪れたことがある人も多いと思われますが、新横浜からは決して近い場所だとは感じなかったはずです。ところが、相鉄・東急直通線の開通後は新横浜からは3~4駅先の“すぐご近所”ということになります。

相鉄・東急直通線の開通後は二俣川も「近所」となる(「グレーシアタワー二俣川」のホームページより)

相鉄・東急直通線の開通後は二俣川も「近所」となる(「グレーシアタワー二俣川」のホームページより)

相鉄・東急直通線の沿線では、新横浜駅の次駅として新設される「羽沢駅」でも駅周辺の再開発が行われる計画があり、ここにもタワマンらしき建物の建設が計画されています。その次の西谷駅でも、今後駅周辺の再開発が行われる可能性もあります。さらに次の鶴ヶ峰駅(西谷~二俣川間の駅)では、すでに2007年に再開発タワマンが完成済みです。

なお、タワーマンションの建設ラッシュで全国的にも注目されている武蔵小杉エリアに建設中の53階建て613戸の「パークシティ武蔵小杉ザガーデン」は、3LDKの「70平方メートル超」の物件が「6500万円台から」という設定。同じ広さで単純比較すると、二俣川より1000万円程度高い価格ということになります。

「武蔵小杉だと手が出ないけど、どうしても高層マンションに住みたい!」というような層を、これから相鉄・東急直通線の沿線で取り込んでいくことになるのでしょうか。

新横浜から一駅となる新綱島と綱島駅東口では“高層ツインタワー”が構想され、二駅目の日吉・箕輪町2丁目のアピタ日吉店などの跡地でも15~20階建て程度・1300戸と言われる“巨大マンション群”の建設が予定されており、相鉄・東急直通線に関係する沿線では、マンションの建設と無関係ではいられないのかもしれません。

※2016年8月追記:「相鉄・東急直通線」については、事業主の鉄道建設・運輸機構がこれまで示していた「2019年4月の開通予定」を「2022年度下期(10月以降)に開通」と3年半ほど延期すると2016年8月26日に公式発表しました。相鉄・東急直通線に関する最新の記事(横浜日吉新聞)はこちらをご覧ください。

(※)この記事は「横浜日吉新聞」と一部共通配信記事です

【関連記事】

GWで人が少ない日吉と綱島ですが、4つの新築マンション販売現場は熱い!(横浜日吉新聞、2016年4月30日)

元住吉の商店街近くで300戸超の大型マンション建設、井田中ノ町の社宅跡を開発(横浜日吉新聞、2016年7月31日)

【参考リンク】

グレーシアタワー二俣川

羽沢駅(仮称)周辺の再開発に関する資料PDF、2015年7月横浜市の「神奈川羽沢南二丁目地区都市計画市素案説明会」より、16ページ目にタワーマンションらしき建物のイラスト掲載)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)