港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
y160730p0006

多くの利用者が接続しても対応できるようにしているという

日産スタジアムへ来場する多数の利用者が接続しても対応できるようにしているという

日産スタジアムは今月(2016年7月)27日からソフトバンクと提携し、無料の「しんよこパークWi-Fi」(公衆無線LAN)サービスについて、1日あたり無制限での利用を可能にしたと発表しました。スタジアム内の7万2000人超収容の観客席と、新横浜公園のレストハウス周辺で利用が可能だといいます。

同スタジアムでは、昨年(2015年7月)から1日あたり60分間を1回までWi-Fiを利用できるサービスを提供していましたが、時間などの制限を撤廃した形です。従来通り、初回のみ簡単な利用登録が必要です。

同スタジアムを含めた新横浜公園は、年間約230万人が来場しています。施設は横浜市が所有し、公園内の指定管理者として、市の外郭団体である公益財団法人横浜市体育協会と民間5社による管理JV共同事業体が運営を行っています。

指定管理者は、今後は施設内のナビゲーションサービスやマルチアングル映像配信サービスなどを検討していくといいます。

【参考リンク】
新横浜公園(日産スタジアム)に無料Wi-Fi時間無制限利用サービスを開始(2016年7月

関連スポンサー広告(グーグルから配信)